蕎麦屋じん六 | 京都市北区にある蕎麦屋「じん六」そばの実本来のその味と香りをぜひご堪能下さいませ。

蕎麦屋 じん六

TEL:075-711-6494

〒603-8054 京都府京都市北区上賀茂桜井町67

北わせ(北海道で現在主に栽培されている種類)のいろいろ!?


今年もぼちぼち北から順に新そばが当店に集まってきました。
去年までとは違い今年は北海道で北わせという種類の蕎麦は農家さん
3軒から頂けるようになりました。以前から頂いているニセコ近くの
農家さんともう2軒の農家さん。幌加内、深川とかの大生産地の農家さんは
僕なんかちっぽけな蕎麦屋が1軒で行ってもなかなか相手にしてもらえません。
小規模(失礼!)でも土つくりから丁寧に仕事をしておられる農家さんに
ターゲットを絞り開拓してみました。それはやはり当たりました。
15年前ですが、初めて北海道を訪れました。帯広にいる友達を頼って
北海道に足を踏み入れたのです。彼が僕の到着にあわせるように、現地の
農家さんに北わせの蕎麦を栽培してもらって、現地の蕎麦屋さんで製粉してもらって
それを、僕が10割そばで手打ちしました。そのときの蕎麦の味、香りの凄まじかったこと
それまで北海道の蕎麦は香り、味ともに優しい(悪く言えば薄い!)と思っていました
でもそのときを境に僕の北海道の蕎麦に対するイメージはガラリと変わって行き、
その後、道内を探し回るその理由となったのでした。
ニセコの農家さんの蕎麦はまあ例年並み。悪くはありません。
2軒目の農家さんの蕎麦。作業をしているうちに15年前を思い出すがごとくの
香りの質。思わず懐かしさが甦りました。この農家さんもかなり土には
こだわっておられる様子でした。同じ北わせなのにこれだけ香りが違う。
驚きました。
次は3軒目。昨日から使い始めましたが、これがまたすごい。味が当分口の中
に残ります。そしてその後も口の痺れが止まらないのです
同じ北わせとは思えないほど味、香りは違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です